西村 朋子 西村 朋子

おもてなしの気持ちが
一番大事だと思います
西村朋子Tomoko Nishimura 2015年入社 / パソコン工房明石店

仕事の内容は?

店頭で商品販売を行っています。商品の入庫、検品、品出しから始まり、お客様からの商品についてのご質問やお見積り等の応対、商品のディスプレイやプライスの変更、在庫管理や棚卸しといった作業も加わります。複雑な相談に応じたり、聞かれたことにお答えするだけでなく、こちらからお客様のニーズに沿ったパソコンや周辺機器をご提案させて頂いたりしています。また、商品によっては商品説明が必須なものもあり、該当商品をご覧になられているお客様や、ご購入を検討されているお客様には必ず商品説明をさせていただいています。

この仕事の魅力・やりがいを感じるところは?

パソコンは便利なツールであると同時に、日常生活からビジネスまで大きな影響を与える重要なアイテムです。お客様のニーズも様々で、そのため商品のご案内やお見積りを通して、ご成約に至るまでのストーリーや商品のお渡しを通していただける「ありがとう」も千差万別なことが魅力的です。また、お客様からいただける「ありがとう」のために、お客様の快適なパソコンライフをお手伝いできることをやりがいと感じます。

職場の雰囲気は?

上司や先輩と気兼ねなく話せる雰囲気です。仕事で分からないことや困った時は皆でフォローしてくださるので、色々なことを恐れずにチャレンジできる職場です。定時後は、近隣店舗のスタッフも交えて和気あいあいと夕食をとることもあります。常に、的確なアドバイスを与えてくださる環境の中で仕事をすることができ、時には店舗間の隔たりを越えて、様々な人に助けられながら学べる毎日に感謝しています。

職場のよいところは?

売り場づくりにおいて、些細なアイディアでも直ぐに採用されるところです。「どんなパソコンを展示したら、お客様の目に留まるか」「どこに配置すれば、お会計までスムーズにご案内できるか」「どのカテゴリーを強化すれば、売り上げが伸びるか」など、思いついたアイディアをその場で展開できるスタッフ全員の実践力です。また、手直ししたコーナーで接客機会が増え、売り上げの伸びを確認できた時には、その喜びを全員で分かち合えると同時に、今までの努力が報われた気がします。

休日や趣味は?

電車で遠出をすることが好きです。行き先はその時々の気分次第です。日帰りのはずが、知らない街に夢中になりすぎて、期せずして泊りがけになることも。道中、カメラやタブレットで街並みを写しては楽しんでいます。お出掛けする際は、日本100名城スタンプ帳をリュックに入れていますが、寄り道が多いせいか、なかなか目的地までたどりつきません。コンプリートの日は遠くなりそうです。あと、もう少しカメラに明るくなることが最近の目標です

とある1日のスケジュール

とある1日のスケジュール 西村 朋子
10:30
始業 開店準備 店頭の清掃毎朝、全員で朝礼します。引継ぎ案件や重要伝達事項、キャンペーンの情報等、情報共有を行います。
11:00
営業開始時間本部指示での売価変更やメールのチェックをします。キャンペーンの店内掲示物やPOPを作り展開します。
13:00
商品の検品、入庫、品出しをします。売り場のメンテナンスを行いながら、パソコンをご覧になられている方へお声がけ、ご案内、お見積りをします。ご成約したデスクトップパソコンとモニターの販売後、保証のご案内をし、お車までお運びします。
14:00
昼食
15:00
液晶モニターとiPadの買取のためご来店されたお客様へのお査定後、買取を確定します。また、買取した商品は、商品化の準備をします。中古のノートパソコンをご覧のお客様へお声がけ、ご案内します。ご成約が決まったので、再来店率を高めるため、ポイントカードのご案内も同時に行います。販売後は、OFFICEのインストールとパソコンのセットアップをした後、お渡しします。
17:30
週末セールのPOPを作り、セール商材を展開します。明日の台数限定特価商材のノートパソコンや液晶一体型パソコンが目立つように、売り場づくりを行います。
19:30
先日、BTO(受注生産)パソコンのお見積りを行ったお客様が再来店され、お見積りした商品をご希望とのことなので、前受け金を頂き、注文します。
20:00
営業終了時間 売り上げ日報の作成 店内の清掃 週末セール情報のツイート全員で終礼をします。引継ぎ案件や重要伝達事項等の情報共有を行った後、週末の売り上げ目標や特に注力して販売するカテゴリーを確認します。
20:30
終業

入社(応募)希望される方へのアドバイス

入社(応募)希望される方へのアドバイス 西村 朋子

私達と一緒に現場の店舗運営に参加してみませんか。
店頭での接客販売はおもてなしの気持ちが一番大事だと思います。
お客様の言葉の端々をしっかりと受け止めて、一人一人のニーズにぴたりと合った商品をご案内できるよう、工夫することの積み重ねです。
たとえ、今日の販売に至らずとも、お客様にお見積りをお渡しできれば、数日後にまたご来店していただき、今度は商品をご購入して頂けるかもしれません。
皆であなたやあなたのお店のファンを少しずつ増やしていきましょう。

先輩社員の声

このページの先頭へ